So-net無料ブログ作成
検索選択

酒井若菜 劣化 画像 ほうれい線が~(悲)!! [メディアとニュース]

スポンサーリンク




酒井若菜さんの顔の劣化がすさまじいニュースになっています。

酒井若菜さんといえば、2005年の舞台「キレイ 神様と待ち合わせをした女」を体調不良で降板した後、女優業を1年ほど休業していましたよね。

1年後に復帰したとはいえ、その活動は、休業以前のグラドル、ドラマ主演とはほど遠く、小説やエッセイの執筆、ドラマでも端役ですこしだけ出演する程度の、多くの人にとっては「タレント」としては、2005年以降、事実上の引退のような時間を8年間にわたって過ごしてきました。

そして、今回、新作出演映画「バイロケーション」の完成披露試写会の舞台挨拶で、久しぶりに華やかな舞台に登場したのですが、8年前とは、別人のような顔に、報道陣も絶句したそうです。

最新の画像です。

SAKAI.jpg

酒井若菜さんも、今年で34歳。
写真では、二重あご、くっきりしたほうれい線スタイルもかつての輝きはなくなってしまったようです。

この女優業の引退から9年。25歳の絶頂期にトラブルを起こして体調不良を理由に仕事から降りてしまったツケはあまりにも大きかったのかもしれません。

絶頂期の写真です。
SAKAI MUKASI.jpg


他方で、人間、年を取れば、見た目は変わっていくのは当然ですよね。
グラドル時代には演じることが出来なかった役割を、今後、今の容姿で演じていくことが出来るのではないでしょうか?

若い世代のタレントは、たけのこの様に出てきますが、30代以降の女優さんで安定した活躍をしている人の数は、若い世代にくらべてずっと少ないと思います。

検索エンジンでは、酒井若菜劣化!悲報!などと書かれていますが、確かに、ある価値観からは悲報だし、劣化なのかもしれませんが、別の見方をすれば、事実上の成長でもあるし、吉報なのかもしれません

恐らく、酒井若菜さんも、自分の容姿が以前と違っていることくらい、嫌と言うほど理解していると思います。

そして、今回のように、人前に立つことを受け入れた以上は、こうした批判や一種の嘲笑が待っていることも、当然予想していたハズです。

恐らく、彼女を前に進めたのは『自分を受け入れることが出来たという自信』なのではないでしょうか。

見た目は変わっても、周りからの評価が変わったとしても、自分の役割は自分で決める。

そうした決心なのではないかと思います。

こうした気持ちは、実は、普段勉強したり、働いたりしている私達にも大いに参考になるのではないでしょうか?

年齢を重ねていって、失うものがあるかわりに、得るものがある。

何が出来なくなったかを嘆くのではなく、新たに得たもので自分が何が今後出来るかに注目する。

どんなニュースであっても、役立つ見方は出来るんだな、と私は「酒井若菜 劣化」という記事から学ぶことが出来ました。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。