So-net無料ブログ作成

軍師官兵衛 2月9日 視聴率 第6回 [メディアとニュース]

NHK大河ドラマ、軍師官兵衛の第6回が、2月9日に放送されました。この日は、東京都知事選挙が行われ、速報が伝わる中、いつもより45分繰り上げられて7時15分から開始になりました。

実は、多くの方が、この繰り上げスタートについては知らなかったのではないでしょうか。
その影響があったのかどうかは分かりませんが、軍師官兵衛の第6回(2月9日放送分)については、視聴率が15.0%と過去最低を記録したことが分かりました。

これまでの視聴率推移ですが、初回が18・9%、第2回は16・9%、第3回18・0%、第4回16・5%、第5回16・0%という訳で、これまで16%の壁は割らなかったのですが、ついに15%まで落ち込んでしまいました

選挙の影響もあったでしょうし、何となく第5回まで続いた下降傾向に歯止めがかからなかっただけ、という感じもします。

キャストに豪華な布陣を揃えて、前評判は非常に高かった軍師官兵衛ですが、ややストーリーに難があるとの評価が存在します。

KUROKAN.jpg

普通の大河ドラマでは、主人公の周りの出来事を中心に描かれていき、その出来事に影響を与えるような出来事について、付属して描かれます。

ところが、今回の軍師官兵衛では、主人公である黒田官兵衛の周りの出来事と同じような重さで、歴史上の出来事が挿入されます。これは、後々使えることになる豊臣秀吉に今回の注目キャストである竹中直人が使われていることもありますし、織田信長や豊臣秀吉の当時の動きを伝え、官兵衛に関心させることで、官兵衛の軍師としての先見性を際だたせようとしているようにも思えます。

ところが、こうした演出に対して、視聴者は視聴率(第6回の視聴率:15%)の面では評価していないように思います。

今後、軍師としての官兵衛が豊臣秀吉と組んで、天下を狙って、そして更にその先にどうやって進んでいくのか、そこがきちんと描かれれば、評価は上がっていくのではないでしょうか。

視聴者が軍師官兵衛に期待しているのは、軍師としての戦略が如何に時の権力者達に大きな影響を与え、そして驚かせ、脅かしたのか、という軍師官兵衛の凄さだと思われます。

今のところ、第6回までの官兵衛から感じるのは、実直で人が良く、若さと熱さにあふれる人物、ということで、ヒーロー的な雰囲気があり、軍師として人を引き回していくようなクセは全く感じられません

次回は、大雪でもなく、東京都知事選挙もないことから、視聴率自体はもう少し上がると思われますが、本当に支持される大河ドラマになるまでには、まだまだ頑張る必要があるみたいですね。

キン肉マン 2月9日 連載開始 35周年 オープニング [メディアとニュース]

2月9日、肉の日、ですよね。
さて、この2月9日、意外な記念日であることがわかりました。往年の大人気漫画キン肉マンの連載開始日なのだそうです。

キン肉マン.jpg

2月29日、という説もありますが、これは、後に日本記念日協会が、この日をキン肉マンの記念日としたそうで、実際の連載開始は2月9日という説が強いです。

さて、キン肉マンの連載が開始されたのは、1979年。何と今年で35周年になるんですね!

原作者のゆでたまごさんは、作品を書き始めた当初は、ヒーロー物をパロディにした純粋なギャグマンガを書こうと考えていたようです。その証拠と言ってはなんですが、コミック第1巻のキン肉マンは特にストーリーらしきものもなく、キン骨マンが出てきて、珍妙な戦いを繰り広げ、格好いいテリーマンがアメリカからやってきて妬みながらけんかして、と全く脈絡がありません。

そして、後には全く使用されなくなる設定ですが、この当時はウルトラマンをモチーフにしていたこともあって、キン肉マンが巨大化するんですよね。
そして、おそってくる怪人たち(キン骨マンなど)をやっつける、という話なのです。

ところが、やがて、超人オリンピックが始まる頃より、戦いはギャグから徐々に真剣さを帯びた物に変わっていき、超人同士の友情や誇り、そして勇気を描く大人気漫画へと変貌を遂げていくのです。

ちなみに、こぼれ話ですが、原作のキン肉マンは、牛丼が大好きです。
この牛丼、非常に多くの人が、「吉野屋」の牛丼だと思っているのですが、原作者のゆでたまごさんによれば、「なか卯」がモデルなんだそうです。

え?そんな昔からなか卯ってあったの?と思って調べてみると、、、1966年創業で当時はうどんやさんでしたが、1974年から、大阪で牛丼屋をスタートしているんですね。

そうすると、キン肉マンが連載開始された1979年には、十分に知られていたのでしょう。とくにゆでたまごさんは、大阪出身ですから、大阪でスタートしたなか卯の牛丼にも十分に親しみがあったんでしょうね。

キン肉マンが現代まで与えている影響は大きく、キン肉マン芸人と呼ばれる人達もいます。

たとえば、ケンドーコバヤシ さんは、 かつて村越周司と組んでいた時のコンビ名が、『モストデンジャラスコンビ』なのですが、これは、原作中に登場するブロッケンJr.とウルフマンのタッグチーム『モーストデンジャラスコンビ』から命名されたことが明らかになっています。

他にも、多くの人物が、キン肉マンにちなんだ名前を付けているようですが、やっぱりキン肉マンといえば、このオープニングではないでしょうか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

カンブリア宮殿 2月6日 パン アキモト [メディアとニュース]

カンブリア宮殿(2月6日)では、なんとパン屋さんがとりあげられます。

その名前は、アキモト

このパン屋さん、栃木県の那須塩原にあります。

創業60年以上という、長い歴史を持ったパン屋さんではありますが、外から見ると、こんな感じです。

ぱnあきもと.jpg

ちょっと大きいかな、という感じもしますが、テレビ東京、カンブリア宮殿でとりあげる何かがあるようには見えません。名物も、甘納豆パン。
まぁ確かに、あんパンよりは変わっている気もしますが、しかし、特別!という感じはしませんね。

では、何がこのパン屋さんを特徴づけているのかというと、、、

「パンの缶詰」

なんです。
これは、普通に食べるパンではないのです。そう、災害の時に食べる非常食なんです。
でも、非常食のパンって、まずいんですよ。本当に。固いし、味はしないし、他に何もなければ食べる気も起きないのが普通な味です。

ところが、このパンのアキモト、「とっても美味しい非常食のパン」を作ることで有名なんです!

味の種類は20種類以上です。
そもそも、味の種類を20種類以上思い浮かべられますか?
そう考えると、結構すごいことですよ。

ぱんあきもと2.jpg

非常食用パンでは、かったいのですが、アキモトのパンはふわふわです。
美味しい、そして緊急時に役に立つ、すばらしいです。

しかし、こうした困った人を助ける話って、えてして「ボランティア」になりがちですよね。人のためだから、金儲けしたらダメなんだ、みたいな。

ところが、このパンのアキモト、根本的に考えていることが違います。

「しっかりと収益を上げないと人助けも続けることが出来ない」


オーナーの秋元 義彦さんは、そう確信します。

こうした考えを持った会社だからこそ、テレビ東京のカンブリア宮殿でとりあげるのだと思います。

援助に頼った支援では、もし、善意の人たちに余裕がなくなってしまえば、結局困るのは援助を受けていた人たちです。
もちろん、援助を受ける人たちが自立すれば良いのですが、状況によってはそんな訳にもいかない時はたくさんありますよね。

そうすると、どうしたら良いか。

そうです、援助する側が、善意で行うのではなく、持続可能な収益性を持つビジネスとして行えばこの問題は解決するのです。

そして、このアキモトのパンの味が20種類以上あるのも、援助される人たちに喜ばれる、そしてニーズがもっと高まって、ビジネスになるように考えた結果であると思われます。

善意だけでは、善意以上のものは出ませんが、お金があれば、欲しい人たちのために、援助の内容を改善することが出来るのです。

こうした事例は、もっと非常用の食パン以外の領域でも増えていっても良いのではないかな、と思いました。

内村とザワつく夜 遠野なぎこ 破局で号泣! 【画像】 [メディアとニュース]

遠野なぎこさんが、芸能業界で働く40代男性と破局したことが分かりました。
遠野なぎこさんが衝撃の告白を行ったのは、TBSで放送された内村とザワつく夜

どうやら、遠野なぎこさんは、結婚前提で付き合っていた男性がいたらしいのですが、相手の気持ちを試すような発言を繰り返してしまったようです。

テレビを見ていて、「私、この人とつきあったことある~!」と言っては、相手が自分のことがどの位好きかテストしていたらしいのです。

正直、最初にこの話を聞いた時、非常に不愉快な気持ちになりました。
もう、遠野なぎこさんは今年で35才です。こんな子供じみたことをして許される年齢ではないですよね。

相手からは、「これ以上嫌いにさせないで下さい」という連絡が来て振られてしまったとのこと。正直、当然かな、と思いました。

なぎこ.jpg

ネットでの評判もさんざんなようです。

「大多数の予想通り」


「何股もしておいて、幸せになるはずがない」


「既に離婚した時に自分に有利になるような契約書を作成していたと聞いて嫌な思いがした」


「立ち去った男の判断が賢明!」


大多数の人は、これまでの遠野なぎこさんの言動について、良くは思っていなかったようで、今回の結果に残念がる人は少ないようです。

遠野なぎこさんは、「初めての失恋で、気持ちの整理がつかない」そうで、相手の家に謝罪に行ったらしいのですが、出てもらえず、その直後に振られたそうです。

逆の立場だったら、やっぱり相当に嫌な思いがしたと思うんですよね。

今回の破局の件は、遠野なぎこさんもさすがに反省しているようです。

これまで、何人もの男性と同時につきあい、男性を道具のように扱ってきたと公言してきた彼女ですが、天は見ていた、ということなのでしょうか。

今回は辛口ですが、彼女が更正の上、まっとうな恋愛をすることを祈りたいと思います。

スーパーボウル 2014 結果 マニング引退 チア動画 [メディアとニュース]

本日、第48回スーパーボウルがアメリカで行われました。

スーパーボウルというのは、アメリカンフットボールのプロリーグ、NFLの頂点を決める決勝戦で、世界最大のスポーツイベントとも言われています。今回の結果は、事前の予想とは全くことなる驚きのものになりました。

今回の対戦はシアトル・シーホークス対デンバー・ブロンコス

注目の選手は、デンバー・ブロンコスのQB(クォーターバック)である「ペイトン・マニング」。

マニング.jpg

一昨年に、脳しんとうで引退を危ぶまれ、長年親しんだ、インディアナポリス・コルツから離脱。復活を不安視されながら、デンバーブロンコスに引き取られた、今世紀最高の選手とも言われています。

デンバー・ブロンコスに移籍したマニングは、周囲の不安を吹き飛ばすように、往年の実力を遺憾なく発揮。「Most valuable player2013」(2013年で最も価値のある選手)に選ばれました。

結果として、デンバー・ブロンコスは、NFL中で最強の攻撃力を持つチームとして、スーパーボウルでの勝利を確実視されて、この舞台に上がってきました。

一方で、対戦相手のシアトル・シーホークス
過去に低迷が続き、シアトルのファンも離れていましたが、今年は守備に力を入れて、地味な戦いながらも対戦相手の強みを封じる作戦にも秀でていることから、他の優勝候補(サンフランシスコ49ersなど)を次々に打ち破ってきた「奇跡の守備のチーム」。


試合開始前は、マニングの才能がシーホークスの守備を上回って、結局デンバー・ブロンコスが勝利するとの下馬評でした。

ところが、本番は一変します。

試合開始直後の最初の攻撃プレーで、マニング帥いる攻撃陣にミスがあり、いきなり失点してしまいます。
その後も、マニングのパスをインターセプトしたシーホークスが得点するなど、試合は一方的な展開に。

後半に再起を誓ったデンバー・ブロンコスですが、キックオフしたボールをシーホークスにリターンタッチダウンされ、一気に勢いがしぼみます
その後もマニングの調子が戻ることはなく、シーホークスの重厚な攻めに体力をそがれたブロンコスの守備陣がじわじわと点を奪われる展開で、

終わってみれば43-8でシーホークスの圧勝。

シアトル・シーホークスの初優勝が決まりました

かもめ.jpg

試合終了後、マニングは多くの記者に囲まれながらも無言でグラウンドを足早に立ち去り、勝利の美酒に酔いしれるシーホークスの面々との対比が印象的でした。

今回は残念ながら負けてしまったブロンコスですが、そのチアリーダーの実力は間違いなく全米一と言われています。

ブロンコスへのエールを込めて、動画を掲載しましたので、是非、ご覧下さい。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。